ガラス:買取価格の要素のガラスを解説!


carview

ブログトップ買取価格の要素>ガラス

ガラス

たいていの車には「フロントガラス」「サイドガラス」「リヤガラス」があります。

その中でも特に重要なのは「フロントガラス」です。

フロントガラスは傷つきやすい!

○○km/hで前進する車は、前方からの飛び石等によってフロントガラスにダメージを負う可能性が高い!

高速走行時にもなれば、○○○km/hで走行する事もあります。

そして時速が上がれば上がるほど、小さな物体の接触でもフロントガラスが損傷する可能性が高まります。



フロントガラスの重要性!

保安基準にも定められている重要な部品です。

前方の視界を確保できなければ、車は危険極まりない物体と化してしまいますから!

当然!フロントガラスが割れていれば車検に合格することができません。

車検に合格する、しない以前の問題として常日頃からフロントガラスを清潔に保ち、クリアーな前方視界を確保しておくのが大切です。

フロントガラスのヒビ・割れ

小さなヒビや割れであれば前方の視界を確保できないという事態ではありませんが、車の振動や捻れなどで小さかったヒビや割れが大きくなることがあります。

現在自動車のフロントガラスに使用されている合わせガラスの場合、粉々に砕け散るということはありませんが、蜘蛛の巣状にヒビや割れが拡大します。

急に前方の視界が悪くなることも考えられるので、小さなヒビ・割れであっても早期に治療しておくことが大切です。

査定価格への影響

ヒビや割れの状態にもよりますが、査定価格への影響は少なからずあります。

特にガラス交換が必要な状態であれば、10万円前後(ガラス交換費用)の査定価格減額もありえます。

ヒビや割れが小さいうちにきちんとリペアさえしておけば、査定価格への大きな影響はないですので、早期発見・早期治療です。

ヒビや割れ以外にもフロントガラスの場合、傷という要素もあります。

傷の程度にもよりますが、ワイパーでの擦り傷を消そうと思うとガラス交換費用の1/3〜1/2くらいの費用は掛ります。

しかし、いたずらによる傷やワイパーアーム等の金属で引っかいた深い傷は、消すことができません。

傷が深ければ交換するしか手はないので、ガラス交換と同等の査定価格減額もありえます。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔